食事によって摂取した成分は腸によって分解され、におい物質が生まれる

食事によって摂取した成分は腸によって分解され、におい物質が生まれる

加齢臭やわきがなど、体臭で悩んでいる人も多いかもしれませんが、そのにおいは食事で改善できるかもしれません。

 

体臭の原因には、ノネナールやアポクリン腺などがありますが、においをきつくする一番の原因は、食べ物とも考えられています。
食事によって摂取した成分は、腸によって分解され、におい物質が生まれます。

 

そのにおい成分のほとんどは、体内に吸収されて、肝臓で無臭化されますが、一部のにおい成分は、血液中に流れてしまい、口臭や体臭となって漂ってしまいます。
そのため、においの一つの原因は、食べ物といえます。

 

特に体臭をきつくする食べ物は、肉類です。

 

肉類には、タンパク質が多く含まれていますが、タンパク質が分解されると、強いにおいが発生します。
一方、炭水化物は、分解されると二酸化炭素が発生し、ほとんどにおいがあります。
そのため、体臭を抑えたり場合には、肉類を控えることがポイントとなります。

 

さらに、肉類だけではなく、腸内環境を整える食品や抗酸化食品などを積極的に摂取することでも、十分においを抑えることが可能です。
腸内環境を整えるためには、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を多く含む食品が効果的です。

 

腸内環境が整うとは、善玉菌が悪玉菌よりも多い状態のことで、食物繊維やオリゴ糖を多く含む食品を摂取することで、善玉菌を増やすことが可能です。
オリゴ糖を多く含む食品は、タマネギやキャベツ、ゴボウ、ジャガイモ、ニンニク、大豆などがあります。

 

次に、体臭の原因として活性酸素があります。

 

体内に取り込んだ酸素のうち、約5パーセントが活性酸素に変換され、非常に強い酸化作用をもっている物質で、体内に侵入 するウイルスや細菌を撃退する役割がある一方で、増えすぎてしまうと、正常な組織や細胞を攻撃し始めてしまうことがわかっています。

 

この活性酸素が多く発生してしまうと、体内を酸化させてしまいにおいの元になってしまいますから、抗酸化作用のあるポリフェノールやリコピン、セサミンを含む食品を積極的に摂取するのが効果的です。
ポリフェノールを多く含む食品には、緑茶や紅茶などがあり、リコピンはトマトに含まれています。セサミンはゴマに含まれていますが、ゴマを大量に摂取することは難しいため、サプリメントで補うとよいでしょう。

 

そのほかにも、体内が酸性に傾くと、においがきつくなると考えられていますから、梅干しなどを摂取して、体内をアルカリ性にすることがおすすめです。

 

このように、腸内環境を整えるので、抗酸化食品やアルカリ食品を意識して摂取することで、においの予防につながります。
ただ、なかなか毎日の食事で、すべての食品に気を配るのは難しいという場合もあるはずです。

 

そういった場合には、海藻がおすすめです。

 

めかぶやもずくなどの海藻には、消臭効果があり、水溶性食物繊維には、有害物質を吸着して、体外へ排出するという特徴があり、また、抗酸化作用、アルカリ性の食品でもあるため、毎日の食事に取り込んでみてはいかがでしょうか。