デリケートゾーンの臭い予防法はたくさんあるので雑菌を増やさないように

デリケートゾーンの臭い予防法はたくさんあるので雑菌を増やさないように

あそこが臭うから今日はエッチしたくない。

 

そんな事をパートナーから言われた、もしくは言われたらどうしようと不安になることはありませんか?
デリケートゾーンが臭うのにはいくつか原因があります。

 

その理由と対策法を紹介します。

 

雑菌が溜まっているから

 

女性器は尿やトイレットペーパーのカスが溜まりやすい構造になっています。
それがだんだん溜まってくると、臭いを放つ原因になります。
なので汚れをきちんと落とすことが大切です。

 

洗いすぎはNG

 

女性器は汚れが溜まりやすいからと念入りに洗っていませんか?
洗いすぎはよい菌もでも洗い流して余計に雑菌が溜まりやすくなるので、洗いすぎ厳禁です。
さっとお湯で洗い流す、もしくはデリケートゾーン専用石鹸で洗いましょう。

 

おりものの分泌量が多いから

 

おりものが増えるとツーンとした酸っぱい臭いがしてきます。
排卵前や生理前には増えるものですが、増えすぎは下着が不衛生になり雑菌が溜まりやすくなります。
おりものシートを使って下着におりものが付かないようにしましょう。
おりものシートも清潔に保つために3時間に1回ほど交換しましょう。

 

生理だから

 

生理時はずっとナプキンを付けなければならず蒸れやすくなります。
蒸れると雑菌が繁殖し、臭いの原因になります。
ナプキンをずっと交換しないのも原因になります。
ナプキンをこまめに交換し、蒸れが気になる場合は布ナプキンやタンポンを利用しましょう。

 

自浄作用の低下

 

膣内は清潔に保つため、自浄作用が備わっています。
しかし、ホルモンバランスが崩れたり生活習慣が乱れると自浄作用が弱まります。
ですので、規則正しい生活を心がけましょう。

 

避妊具を使用しないエッチ

 

精子はアルカリ性で膣内は酸性に保たれています。
避妊具なしでのエッチを行うと、膣内が乱れる恐れがあります。

 

また中に出すことで膣内から精液が溢れ出し不衛生になります。
あそこが臭う時は避妊具を付けたり中に出すのは控えましょう。

 

また、不衛生な手で愛撫をされるとばい菌を直接塗り広げられているようなものなので、エッチの前に手を石鹸で洗ってもらうのも大事です。

 

デリケートゾーンの臭いの原因はほぼ雑菌が原因です。
普段の食生活や生活スタイルで予防法はたくさんあるので雑菌を増やさないよう心がけましょう。