加齢臭は耳の後ろから漂ってくる、発生の原因とは?

加齢臭は耳の後ろから漂ってくる、発生の原因とは?

何だか枕が臭うなと感じるようになると、自分もいよいよ加齢臭がするようになってきたのかなと思うようになりますね。

 

この加齢臭、もう年齢のせいだから仕方がないと思う人も少なくありませんが、そのままにしていると、人にも迷惑をかけることになりますし、自分が加齢臭のせいで、人から嫌われるということもあるので、出来れば改善をする方がいいのです。

 

特に女性は、髪の毛をかきあげた瞬間に何だかふっと不快な臭いがしたらどうでしょう。いくら綺麗な人でも幻滅してしまいそうですね。そのために加齢臭のお手入れは重要なのです。

 

加齢臭のする場所はいくつかあるのですが、その中でも耳の後ろから臭いが漂ってくると言うことがあります。その臭いの原因は、汗、またはミドル脂臭が原因です。これらは正確にいうと加齢臭とは出る物質が異なります。汗は雑菌が繁殖して出る臭いですし、ミドル脂臭は、ジアセチルという物質が原因です。どちらも匂いの発生の原因となるために加齢臭と間違えやすいのです。

 

女性の場合、男性に比べると乾燥肌の人も多いし、お手入れもしっかりしているから、加齢臭なんて円はないのでは?と思う人もいるでしょうが、実はそうではありません。乾燥肌の人でも皮脂の分泌はされていますし、特に髪の毛が長い場合、耳の後ろはカバーされ、蒸れていることが少なくないのです。また蒸れている環境では、雑菌も繁殖しやすく、ニオイの発生の原因になります。

 

また実は、ピアスの部分がニオイの原因になっていることもあります。ファッションのためにピアスを開けている人は少なくありませんが、きちんと洗っていますか?一度付けたらつけっぱなしという人が多いのですね。そのピアスの穴からも分泌物がありますし、ピアスをしていなくても汚れがたまるために、不快な臭いがしてくることがあるのです。

 

もしも体臭が気になり、汗?加齢臭?ミドル脂臭?と感じたら、耳の周辺を特にチェックしてみてください。きっと原因が見つかるはずです。