加齢臭対策をしながらアンチエイジング!

加齢臭対策をしながらアンチエイジング!

加齢臭はおっさん臭。私には関係ないわと思っていたらある日なんだか枕が匂うような気がする・・・ブラウスの襟の匂いもただの汗の匂いじゃない!なんだこれは!とショックを受ける女性も少なくないはずです。そうです。加齢臭は女性にもあります。男性に加齢臭が目立つのは元々男性は女性より皮脂量が多いからなのです。

 

加齢臭の原因は若いときにはなかった脂肪酸と過酸化脂質が結びついてできるノネナールという物質です。ではなぜ女性の加齢臭が目立たないのかというと、それは女性ホルモンの働きで皮脂分泌が抑えられているからなんです。ということはこの女性ホルモンが減ってくるといよいよ女性でも加齢臭の強い方が増えてきてしまいます。

 

女性ホルモンの減少って閉経の年齢かしら。いえいえそこまでいかなくても35才くらいから始まっているんですよ。そして40代に入ると抗酸化物質の働きもどんどん弱まっていくのです。つまり加齢臭を予防、軽減するには「アンチエイジング対策」が有効になってきます。

 

 

食事の注意としては「抗酸化食品」を摂ることが有効です。新鮮な野菜からビタミンCやA、そしてアンチエイジングに最も効果が期待できるビタミンEもアボカドやナッツ類、うなぎやさんまなどから積極的に摂りましょう。この際サプリメントの助けを借りるのもいいかもしれません。
あと老廃物を流す意味でも水分補給は不可欠なので意識して摂りましょう。特に緑茶のカテキンはアンチエイジング効果もあるのでおすすめです。女性ホルモンを補うイソフラボンを意識して大豆食品も積極的に食べましょう。

 

 

逆に注意したいのが肉類の食べ過ぎです。肉食女子などと言って肉類を食べ過ぎると体内でアンモニア臭を発生する原因になります。お酒もほどほどに楽しんだほうが良いですね。アルコールが汗と一緒に強いにおいを排泄します。生活がおっさん化しているとおっさん臭も発生しやすいというわけですね。

 

加齢臭ではどこが一番匂うのでしょか。特に匂いが出やすいのが皮脂腺の多い場所です。特に頭皮や首の後ろ、背中、脇、デリケートゾーンや胸元などです。では毎日お風呂に入ってシャンプーをしていれば問題ないのかというと大間違いです。シャンプーのやりすぎは皮脂を奪って、逆に皮脂の過剰分泌を招きます。せいぜい1日1回、それ以上はお湯ですすぐだけで十分です。

 

 

さっぱり清潔にして、食生活を見直して、加齢臭対策と同時にアンチエイジング。これは頑張り甲斐がありそうですね。