汗をかいたときの定番製品である制汗剤が黄ばみの原因だったりもする

汗をかいたときの定番製品である制汗剤が黄ばみの原因だったりもする

暑い夏場は身体が体温を下げようと汗を出します。正常な機能とはいえ、臭いが気になりますし脇汗のしみがついた衣服を着ているのは恥ずかしいもの。それに衣類の黄ばみの原因ともなってしまいます。

 

ただ本来は汗は無臭です。ツンとした臭いが特徴のワキガの汗は、たんぱく質やアンモニアや脂質なども一緒にアポクリン腺という汗腺から出てくるため刺激的な香りとなってしまいます。それにリポフスチンという成分も出てくることから黄ばみが生じるのですが、通常の汗はエクリン腺から出てくるサラサラしたもので色も臭いもないはずなのです。

 

気になる場合はまずはわきがかどうかの診断を受け、そのための治療法を行なうようにしましょう。遺伝によって感染する可能性が高い病気ですが、入浴法や食事の内容を変えるだけでもだいぶ改善することはできます。

 

本来は無味無臭のはずのエクリン腺からの汗もエアコンの中で長くいたり疲れていたりして汗腺機能が低下することでミネラルや鉄分が混じった濃い色になることもあります。また、出てきたときには無味無臭でもお肌の表面で皮脂などと交じり合い菌が繁殖することで臭いが発生するので、いつも清潔に保つようにしておきましょう。入浴して汗腺の中からしっかりきれいにしたり、普段は運動の後や暑いところに出たときなど汗をかいたときには汗拭きシートで拭き取ってやりましょう。汗拭きシートは除菌もできるので効果が高いです。

 

実は汗をかいたときの定番製品である制汗剤が黄ばみの原因だったりもします。体質に合わないものを使ってしまい、化学反応を起こして黄色くなってしまうのです。一旦、使用をやめて様子を見てみるのもいいでしょう。

 

真っ白だった服が黄ばんで着れなくなっってしまったら困ります。そんなときは界面活性剤が含まれた洗濯洗剤を使用して洗ってやるようにしましょう。界面活性剤の中には皮脂分解酵素が含まれています。
ただ、オシャレ着などに界面活性剤を使うのは生地が傷んでしまう心配も。重曹の中和作用で落としてやりましょう。
皮脂汚れを落としてやればよいのですから、洗顔フォームやメイク落とし・シャンプーなどを利用してもいいです。頑固な汚れであればお湯の中に洗剤や重曹を溶かし込んで、そこに浸け置きするようにしたり、直接洗剤を布にすり込んでこすってやるのもいいです。

 

黄ばみができたものをそのまま放っておいたらどんどん繊維の奥に入り込んでいってしまいとりづらくなります。早め早めの対応が必要です。

 

服の脇部分が黄ばんできたからといってすぐにワキガを疑う必要はありません。エクリン腺のみの人でも黄ばみが発生することはあるのです。ただの汗臭さとは違った臭いが発生するでしょうから、自身やパートナーにお願いしてにおいを嗅いでみることです。ワキガの人の方が黄ばみの範囲は広く、分かりやすく黄色くなるため、発症しているかどうかはその見た目で区別することもできるでしょう。