不快な臭いを発するわきがと加齢臭の違い

不快な臭いを発するわきがと加齢臭の違い

よく勘違いされやすいどちらも不快な臭いを発するわきがと加齢臭の違いを見てみました。

 

共に脇にかいた汗が雑菌の増殖で臭いを放つことで起こる現象ですが、基本的にわきがは遺伝によっておこるため生まれつきわきがの人とそうでない人に分かれます。
ですから思春期の10代後半あたりから自覚症状のある臭いを発し始めます。

 

 

加齢臭はほとんどが、40代以降にその名の通り加齢が原因でホルモン値が低下して臭いを徐々に発するものです。

 

人間のわきには2種類の発汗出口の汗腺と呼ばれるパイプがあり、一つはエクリン線、もう一つがアポクリン線です。

 

エクリン線は脇だけでなく身体全体にあるためほとんどの汗はこの線から汗こうと呼ばれる特に頭、顔、背中に集中している穴から酸性の液体として排出されます。
ですから「汗臭い」と一般に感じる臭いは酸っぱい事が多いのです。

 

 

一方アポクリン腺は脇の下、乳輪や陰部といった特定の場所に集中し、毛穴からアルカリ性の水分を発汗します。

 

 

わきがの臭いは独特で、単に汗臭いというよりは人によっては「玉ねぎの刺激臭」や「鉛筆の芯」「雑巾」などと表現する人もいます。
この両方からでた汗が共に雑菌の繁殖にとって悪臭を伴うのですが、性質の違う汗であることがここでよくわかります。

 

わきがか加齢臭かは簡単に見分けることが出来ます。まずわきがは遺伝から起こりますので、両親のどちらかに発生していれば、貴方もその可能性があります。
そしてわきがの人はねっとりとした湿った耳垢の事が多く、これは耳のアポクリン腺から分泌される皮脂が多いことを示します。

 

 

加齢臭はもちろん年齢を考慮に入れたうえで、起床したときに枕が油臭いとたいていはすでに加齢臭を発していると思って間違いないでしょう。

 

ではこの臭いにおいをどうやって抑えたらよいでしょう。とにかく雑菌を増やさないことです。こまめにシャワーをしたり、汗をかいたら着替えるなど脇を清潔に保つことが一番重要です。また最近よく見られるわきが専用ボディシャンプーや消臭石鹸を利用して、洗浄効果の高いもので雑菌の繁殖を防ぎましょう。また外出の際はデオドラントをつけて、脇をさわやかに保ちましょう。汗をかいたら消毒効果のあるウエットタオルなどでふき取るのも効果的です。